雪を掃ふ
雪を掃ふは落花をはらふに対して風雅の一つとし、和漢の吟咏あまた見えたれども、かかる大雪をはらふは風雅の状にあらず。初雪の積りたるをそのままにおけば、再び下る雪を添へて一丈(約3m)にあまる事もあれば、一度降ば一度掃ふ 雪浅ければのちふるをまつ 是を里言に雪掘(ゆきほり)といふ。土を掘がごとくするゆえに斯いふ也。掘ざれば家の用路を塞ぎ人家を埋て人の出べき処もなく、力強家も幾万斤の雪の重量に推砕んをおそるるゆえ、家として雪を掘ざるはなし。掘るには木にて作りたる鋤を用ふ、里言にこすきといふ、則木鋤也。椈といふ木をもつて作る、木質軽強して折る事なく且軽し、形は鋤に似て刃広し。雪中第一の用具なれば、山中の人これを作りて里に売、家毎に貯ざるはなし、雪を掘る状態は図にあらはしたるが如し。掘たる雪は空地の、人に妨なき処へ山のごとく積上る、これを里言に掘揚といふ。大家は家夫を尽してカたらざれば掘夫を傭いひ、幾十人の力を併て一時に掘尽す。事を急に為すは掘る内にも大雪下れば立地に堆く人力におよばざるゆえ也。掘る処図には人数を略してえがけり 右は大家の事をいふ、小家の貧しきは掘夫をやとふべきも費あれば男女をいはず一家雪をほる。吾里にかぎらず雪ふかき処は皆然なり。此雪いくばくのカをつひやし、いくばくの銭を費し、終日ほりたる跡へその夜大雪降り夜明て見れば元のごとし。かかる時は主人はさら也、下人も頭を低て歎息をつくのみ也、大抵雪ふるごとに掘ゆえに、里言に一番掘二番掘といふ。(北越雪譜 初編巻之上より)