ホーム モデルコース 雪国文学散歩道
雪国文学散歩道
湯沢町
駒子と島村の歩みを訪ねて
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」で始まる小説「雪国」。 島村が下車した越後湯沢駅をスタート地点に、文学の世界をたどる散策コースです。 物語に登場する実在の場所を訪れ、ロマン漂う道を歩けば、駒子や島村の気分に‥湯沢の歴史と小説の世界をより身近に感じてはいかがでしょうか。 散策の参考に見どころをまとめて紹介!川端康成「雪国」の舞台を巡る散策ガイドもご覧ください。
徒歩での移動時間 3時間
AJR越後湯沢駅
B湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」
C不動滝※工事のため通行規制があります
写真
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427−1
電話 050-2016-1600
営業時間 テレホンセンターの案内時間 (6:00~24:00)
最寄のバス停
湯沢駅前(YS02他) バス停から0m
矢印
写真
雪国文化にふれる
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢354番地1
電話 025-784-3965
営業時間 9:00~17:00 ※受付は16:30まで
営業期間 毎週水曜日(祝日の場合は翌日が休館日) ※ただし、8月夏期間中(8/1~8/31)及び、年末年始(12/29~1/3)は営業いたします。
料金 大人:500円 子供:250円
メール y u k i g u n i k a n @ e - y u z a w a . g r . j p
湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」への行き方
越後湯沢駅西口から徒歩約7分
最寄のバス停
湯沢駅前(YS02他) バス停から450m
自動車で行く場合
東京方面から 湯沢ICから5分
新潟方面から 湯沢ICから5分
矢印
写真
マイナスイオンたっぷりのくつろぎスポット
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢 
不動滝※工事のため通行規制がありますへの行き方
越後湯沢駅から徒歩25分
最寄のバス停
湯沢駅前(YS02他) バス停から1.4km
D【宿泊者のみ見学可能】「かすみの間」文学資料室
E諏訪社の大杉
F駒子の湯
写真
川端康成を感じる
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢923
電話 025-784-3333
営業時間 9:00~17:00
営業期間 通年(不定休)
料金 大人500円
その他 宿泊の方は無料
【宿泊者のみ見学可能】「かすみの間」文学資料室への行き方
越後湯沢駅西口から徒歩約25分
最寄のバス停
湯沢駅前(YS02他) バス停から1.8km
自動車で行く場合
東京方面から 湯沢ICから6分
新潟方面から 湯沢ICから6分
矢印
写真
駒子が涼んだ大杉
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢
諏訪社の大杉への行き方
越後湯沢駅西口から徒歩約26分
最寄のバス停
湯沢駅前(YS02他) バス停から1.9km
自動車で行く場合
東京方面から 湯沢ICから6分
新潟方面から 湯沢ICから6分
矢印
写真
小説『雪国』のヒロイン「駒子」の名がついた温泉
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢148
電話 025-785-7660
営業時間 10:00~20:30 木曜日定休(祝日・年末年始・お盆期間は後日振替)
営業期間 通年
料金 大人:500円 子供:250円 売りタオル200円、貸しバスタオル200円
駒子の湯への行き方
JR越後湯沢駅路線バス「六日町」線(運行表は南越後観光バスHPに掲載)
最寄のバス停
下中入口(MY06) バス停から800m
自動車で行く場合
東京方面から 湯沢ICから7分
新潟方面から 湯沢ICから7分
G主水(もんど)公園
HJR越後湯沢駅
写真
川端康成直筆の「雪国の碑」がある公園
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢字滝沢361番地1 
主水(もんど)公園への行き方
JR越後湯沢駅路線バス運行(運行表は南越後観光バスHPに掲載)
最寄のバス停
温泉街入口(MY04) バス停から60m
自動車で行く場合
東京方面から 湯沢ICから6分
新潟方面から 湯沢ICから6分
矢印
写真
住所 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427−1
電話 050-2016-1600
営業時間 テレホンセンターの案内時間 (6:00~24:00)
最寄のバス停
湯沢駅前(YS02他) バス停から0m