雪国を旅する、とっておきの時間

雪国ガストロノミー「里山の恵みと温泉調理」


<にいがたの心にふれる旅~体験付き宿泊プラン~>

里山ガイドの案内で、自ら採りたての天然きのこや自然薯、山菜を味わうプラン。温泉の源泉を使って低温調理した「妻有ポーク」や「にいがた和牛」を囲炉裏で焼き上げながら、地酒とともに味わいます。まさに里山にある温泉地ならではのガストロノミーです。 山へ入った疲れは日本三大薬湯のひとつに数えられる温泉で癒し、翌朝の朝食は地物にこだわった「里山の朝まんま」をたらふくお召し上がりください。

雪国ガストロノミー 「里山の恵みと温泉調理」内容紹介


春の山菜ツアーでは約10種類の山菜を天ぷらや鍋で楽しめます。採取に際しては専門の知識を持った地元の里山達人ガイドが同行いたしますので初めての方も安心して参加いただけます。

何百年も前から湧き出る冷たい清水で山菜の持っているアクを抜きます。まさに雪解け水に触れる事で山菜だけでなく、貴方もリフレッシュできる事でしょう。

晩秋のキノコはナメコやヒラタケ、ムキタケなど、全て天然の恵みです。深山の香り、樹木の香りは天然きのこならではのワイルドかつ繊細な味わいです。

囲炉裏にかかる鉄鍋は日本昔話に必ず出てくる描写であり、日本人でさえも懐かしい憧れでもあります。

囲炉裏を囲んで料理すること、食べること、飲むことは、雪国の古くからの生活で、囲炉裏は家族の団欒の場でもありました。

メインは低温調理したお肉を囲炉裏焼きで召し上がっていただきます。温泉の熱と囲炉裏の炭焼きだけのシンプルな料理法ですが、今まで食べたお肉の中でも最高位に近いほどのモノになると約束します。

・この体験付き宿泊プランは、新潟県の宿泊交流人口拡大事業の支援を受けて実施しています。
・宿泊プランの効果検証のため、参加者には、アンケート記入のご協力をお願いします。

雪国ガストロノミー「里山の恵みと温泉調理」
行程1日目
集合ひなの宿ちとせ
14:00収穫ツアー
16:00ひなの宿ちとせ戻り(チェックイン)
日本三大薬湯入浴
18:30ダイニング
〜21:00ダイニング終了
2日目
7:30〜9:00朝食
〜11:00チェックアウト
人数4名~8名/最少催行4名
期間4/25~5/30、10/20~12/5の日曜日(5月6日を除く)
料金1室2名利用の場合、お一人様20,000円(税別)以降お一人様追加につき18,000円(税別)
露天風呂付き客室をご希望の場合はお一人様7,000円追加になります。
備考ツアーは専門ガイドが同行します。林道や林の中を歩きますので汚れてもよい服装で参加ください。雨具も持参ください。





とっておきの時間をサポートします

宿から体験までご要望に応じて、あなただけの滞在プランを手配させていただきます。

雪国観光舎(無休 9:00~18:00)

TEL 025-785-5353