諏訪社
湯沢町
湯沢草創の頃から村を見守る神社
湯沢草創の頃から村を見守る神社
1200年頃、旧湯沢村草創と同時代に祀られたという言い伝えがある。
祭神は建御名方命(タケミナカタノミコト)。
現在の神殿は昭和18年に改築されたものであるが、
上越新幹線建設により社殿を現在の位置に移転。
境内の天満宮は天明3年(1783年)に建立されたもの。
樹齢400年の杉の御神木は湯沢町指定天然記念物。
諏訪社とその周辺
諏訪社への行き方
JR越後湯沢駅から徒歩20分、湯沢ICから車で約10分
近くにはこんな施設があります
諏訪社の大杉
駒子が涼んだ大杉
【宿泊者のみ見学可能】「かすみの間」文学資料室
川端康成を感じる
山の湯
川端康成も浸かったという、源泉かけ流しの湯
湯本薬師堂
湯元温泉とともに歴史を刻んできたお堂
【終了】SPAガーラの湯
駒子の湯
小説『雪国』のヒロイン「駒子」の名がついた温泉
ゆざわ健康ランド
健康に良い「天然ラジウム鉱石泉」
湯之沢入口(MY07)バス停
(冬期のみ)ガーラ湯沢スキー場バス停
JRガーラ湯沢駅