湯沢町 温泉街ぶらりコース

展望地・景勝地

湯沢高原パノラマパーク

日本屈指の米どころ、新潟県。湯沢高原は、その玄関口となる越後湯沢駅前の温泉街から、ロープウェイで気軽にアクセスできます。山頂には200種類以上の高原植物が咲き誇り、緑深いブナの原生林では森林浴やジップラインが楽しめます。
観光

足湯 かんなっくり

「かんなっくり」とはこの地方の言葉で「つらら」のこと。 越後湯沢駅から徒歩約7分程の場所にあります。2020年にリニューアルオープンしゆっくりと休憩できるようになりました。
観光

滝沢公園

を含む登山・トレッキングルート周辺マップへの行き方最寄のバス停自動車で行く場合近くにはこんな施設があります
観光

不動滝

滝沢公園内の坂道を上っていくと、「大ゼン」「小ゼン」の二段の滝からなる「不動滝」がある。堤防の上部を奥へ進むと小ゼン(別名「金剛滝」)が、さらに7分ほど登ったところに大ゼンがある。大ゼンは二条に分かれた左の男滝と右の女滝が滝つぼで結ばれることから、若い男女がこの滝に祈りを捧げれば愛が芽生えると言い伝えられている。
観光

【リニューアル工事のため休館中】湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」

湯沢が舞台となった川端康成の小説「雪国」と、「雪国」湯沢の暮らしぶりや歴史を中心とした展示を行っております。 中でもお勧めしたいのは、1階の“ギャラリー「雪国」日本画の世界”です。 こちらには、文化勲章受賞者である高山辰雄氏の「雪國の月」、同じく文化勲章受賞者である大山忠作氏の「勧進帳」をはじめ、小説「雪国」に出てくる様々な場面を描いた14点の作品群が展示されております。
鉄道・鉄道駅

JR越後湯沢駅

首都圏から新潟県への玄関口。 駅構内には飲食店、土産物店のほか、温泉や地酒の試飲コーナーなどもあり、滞在を楽しめるスポットが充実しています。