縮を晒す
さらし屋とてこれをのみ業とす、又おりたる家にてさらすもあれど稀なり。さらしやはその家の辺又程よき所を見立、そこに仮小屋を造り物をも置、また休息の処とす。晒人は男女ともうちまじり身を清める事織女の如くす。さらすは正月より二月中の為業也。此頃はいまだ田も圃(はた)も平一面の雪の上なれば、たはたの上をさらし場とするもあり、日の内にさらし場を踏へしたる処あれば、手頃の板に柄をつけたる物にて雪の上を平かにならしおく也。かくせざれば夜の間に凍つきてふみへしたる処そのまま岩のごとくになるゆえ也。晒場には一点の塵もあらせざれば、白砂の塩浜のごとし。さて白ちぢみはおりおろしたるままをさらす、余のちぢみは糸につくりたるを拐(かせ)にかけてさらす。その拐とは細き丸竹を三四尺(約90cm〜1m20cm)ほどの弓になしてその弦に糸をかけ、拐ながら竿にかけわたしてさらす也。白ちぢみは平地の雪の上にもさらし、又高さ三尺(約90cm)あまり長さは布ほどになし、横幅は勝手にまかせ土手のやうに雪にてつくり、その上にちぢみをのばしならぺてさらすもあり、かくせざれぱ狗など蹈越てちぢみをけがすゆえ也。ここに拐をならべてさらしもする也。みなその場所の便利にしたがふゆえ一定ならず。さて晒しやうは縮にもあれ糸にもあれ、一夜灰汁に浸しおき、明の朝幾度も水に洗ひ絞りあげてまへのごとくさらす也。貴重尊用の縮をさらすはこれらとはおなじくせず、別にさらし場をもうけ、よろづに心を用ひてさらす事御機をおるに同じ。我国にては地中の水気雪のために発動ざるにや、雪中には雨まれ也、春はことさら也。それゆえ件のごとく日にさらす晴のつづく事あり。さて灰汁にひたしてはさらす事、毎日おなじ事をなして幾日を歴て白々をなしたるのちさらしをはる。やがてさらしをはらんとする白ちぢみをさらすをりから、朝日のあかあかと昇て玉屑平上に列たる水晶白布に紅映したる景色、ものにたとへがたし。かかる光景は雪にまれなる暖国の風雅人に見せたくぞおもはるる。凡ちぢみを晒には種々の所為あれども、ここには其大略をしるすのみ。(北越雪譜 巻之中より)