雪国を旅する、とっておきの時間

N37°プロジェクト 田植えの儀


雪国の暮らしには、雪を軸にした循環思想が根づいています。ワラをめぐる一年間のサイクルはその象徴。春の田植えからはじまり、秋に稲刈りをして、脱穀のあとに残ったワラを冬仕事の材料として使います。
このフィールドワークでは、津南町の寺石集落に代々伝わる田植えの儀を行います。裸足で田んぼに入って田植えをしたあと、ホウノキの葉にきな粉と身欠きにしんを包んで神棚にささげ、豊作を願います。お泊りと夕食は、川沿いの一軒宿「しなの荘」です。
N37°がプロデュースするこのフィールドワークでは、春から冬にかけての3回シリーズで、ゼロからかんじきをつくります。材料はワラと根曲がり竹。秋は9月〜10月に稲刈りと竹取りを行い、冬は来年の2月頃にかんじきづくりと雪上散策の予定です。シリーズですが、1回だけの参加ももちろん歓迎です。


GUIDE 涌井昭五
先祖代々伝わる田植えの儀をいまも続ける。津南の生活文化についての豊富な知識は圧巻。後世のために自ら巻物を書き残している。必見!

津南町寺石集落
涌井さんの田んぼにお邪魔して、春は手植えと、秋は手刈りとはざかけを行います。

このツアーの申込は終了しました

N37°プロジェクト 田植えの儀
行程1日目
9:40越後湯沢駅集合集合後、津南町に移動
10:40田植え(合間にはらごしらえ)
15:00田植えの儀
17:00田中温泉しなの荘チェックイン後、夕食
2日目
9:00新緑散策と雪室見学
12:00十二の木バス停発
12:48越後湯沢駅着
人数5名/最少催行2名
期間2018年5月19日~5月20日
備考出発日の1週間前までにお申し込みください/ツアーはガイドが同行します。田植えをしますので、汚れてもよい服装で参加ください。雨具も持参ください/雨天実施(荒天候時はツアー内容を変更する場合有)
料金22,000円 ※ツアー代、宿泊代(1日目昼食、夕食・2日目朝食含む)、テキスト代含む





とっておきの時間をサポートします

宿から体験までご要望に応じて、あなただけの滞在プランを手配させていただきます。

雪国観光舎(無休 9:00~18:00)

TEL 025-785-5353